異能力の果て―ジョジョに見るバトル漫画の発達史②

更新が遅くなりました。前回のポストにつづき、ジョジョの各部を紹介しながら、バトル漫画の発達の流れを考察します。

 

前回は1、2部をバトル漫画のファーストステップとして位置づけました。ファーストステップにおいて、「能力」はどちらの攻撃力が強いのかの理由付けとして登場します。

 

では、ジョジョ3部以降はどのように変化していくのでしょうか。(ネタバレあり)

 

 

ジョジョ第三部

第二部主人公ジョセフの孫である空条承太郎ジョースター家因縁の吸血鬼ディオを打ち倒すべく仲間たちとエジプトを目指す第三部。

 

第三部では「波紋」にかわる新たな概念として「スタンド」が登場します。スタンドは、(ほぼ)その人固有の能力である点が波紋と異なっています(登場当初)。はじめて第三部を読んだとき僕は「なんじゃこりゃ、波紋バトル読みたいよー」と思いました。良くも悪くもそのくらいインパクトのある新機軸だったと思います。

 

上で、スタンドはその人固有の能力であるとの話をしましたので、ここで主要な登場人物の能力を紹介します。

 

空条承太郎スタープラチナ

精密で早く攻撃力も高いパワー型の人型スタンド

●モハメドアブドゥル・マジシャンズレッド

炎や熱を自在に操るスタンド。

花京院典明ハイエロファントグリーン

遠距離攻撃ができる人型スタンド。紐状になり、人体に潜るなど。

ジャン・ピエール・ポルナレフシルバーチャリオッツ

甲冑をまとった騎士のようなスタンド。スタープラチナのような攻撃力はないが、素早い攻撃を繰り出す近距離スピードタイプ。甲冑を脱ぐと捨て身で、さらにスピードが増す。

●ジョセフジョースター・ハーミットパープル茨状のスタンド。カメラを壊して念写するなど、情報の収集に長けている(と思われる)。波紋を流したり、ロープアクションをしたり、自由に出せる茨としての活躍など。

 

サポート役的な前作主人公ジョセフはのぞくとして、バトル要員である主要登場人物の能力は、この時点では実は第一部第二部で登場する能力とそう変わりないです。変化があるとすれば、能力の中身というよりはむしろ、能力が一人ずつに付与されているというところでしょう。

 

ただし、中盤以降においては、能力の位置づけが大きく変貌していきます。まさに、ここでの変化がバトル漫画における、能力から異能力へ変化していく過渡期となります。ラストバトルにおいては、承太郎のスタンドであるスタープラチナが覚醒。ラスボスであるディオのスタンド・ザワールドと能力「時を止める」ことができるようになります。

 

ここで、バトル漫画はセカンドステップに足を踏み入れることとなります。これまでの能力が、どちらの攻撃力が高いかの比較合戦だったのにたいして、時を止めるという力は、物理的な攻撃力ではありません。時止めという能力を利用して、どのように戦うかという点にバトルの争点が移り、勝者にはその漫画独自のルールに基づいた「根拠」が必要になったのです。

 

そして、承太郎の能力変化に代表される能力から異能力への推移は、バトル漫画における勝敗のルール化が整備されるスタートとなっていくことになります。

 

 

異能力の果て―ジョジョに見るバトル漫画の発達史

みんな大好きバトル漫画。ぼくも大喜利みたいにバトル漫画や、それに登場する能力を妄想しています。ちなみにぼくは団体戦の能力バトル漫画に興味津々なので(ワールドトリガー続き楽しみですね…)、一人じゃ活かせない異能力を考えるのが最近のトレンドです。

 

バトル漫画を語るときに、面白いのは異能力という概念の存在です。単純なパワーでの殴りあい、どっちが強いのかという次元ではなく、その漫画のみに適応されるルールのもと異能力をぶつけ合うわけです。

 

この異能力という考え方は、漫画創成期からあったわけではなく、前回ポストした記事がごとく「お約束」のなかから発展していったものだと思います。

 

アニメ化でいっそう燃えつきるほどヒート!な『ジョジョの奇妙な冒険』を例にして、異能力の発展について考察します。

 

ジョジョ第一部

ジョナサンジョースターが吸血鬼となった旧友ディオと戦う第一部。バトル漫画として登場する概念は「吸血鬼」「波紋」です。吸血鬼は不老不死になり肉体が強化され気化冷凍法などという冷凍レーザーなどの攻撃が可能です。一方、波紋使いは独自の呼吸法による戦闘スタイルで、水のうえにたったり、壁にはりついたり、吸血鬼に致命傷を与えたりすることができます。

 

ジョジョ第二部

お調子者のジョセフが、人類とは異なる進化を遂げ石仮面を生み出した闇の種族「柱の男」と対峙し、戦っていきます。第二部で登場するバトル概念は引き続きの「波紋」と「柱の男」という超常的な身体能力です。柱の男という概念は、吸血鬼の上位互換のような位置付けにありますので、バトル漫画としての構造は大きくは第一部からは変わっていません。お互いのバックグラウンドによって身体能力が超常化しており、竜巻をおこしたりシャボン玉に波紋を帯びさせたりしながら相手の弱点をつきます。

 

上でみていったように、第一部、第二部で登場した能力は肉体を強化したり、破壊力の高いなんらかの攻撃を行うことができる「理由付け」という役割であり、ベースはどちらの攻撃力が強いのかに終始しています。これは、漫画創成期以降の王道であり、バトル漫画のお約束のファーストステップとして位置付けたいと思います。ジョジョにおける能力の考え方が大きく進化していくのは第三部以降、スタンドが登場してからになります(次の更新に続く)。

「お約束の積み重ね」と物語の発展

前回、ホラーでないゾンビものの魅力として「ゾンビとは、往生際の悪いものを置き換える仕組みである」というような主旨の記事を書きました。

このこととも関連しますが今回は、創作物において「お約束」「前提」が重なることで、物語が深化発展していくケースについて一考してみます。

 

続きを読む

「往生際の悪いもの」としてのゾンビ

こんな本を買いました。

 

ゾンビでわかる神経科学

ゾンビでわかる神経科学

 

 

こんな本を買っておいてなんですが、ぼくはホラーものが大変苦手です。小さいころなんかは大嫌いで、よくロードショーのインディ・ジョーンズ(魔宮の伝説)を親が見ていて、びくびくおびえていました。

 

そんなわけで、ゾンビなんかがでてくるホラーも大の苦手。不気味なゾンビ、感染してゾンビ化する人間……ああ、いやだいやだ。

 

ところがしかし、大人になってふと振り返ってみると、ホラーではないにしろ、好きな創作物にゾンビものが結構多いことに気がつきました。どうしてゾンビものみたいなホラーの権化に、お気に入り作品が多いのか、おすすめのゾンビものを紹介しながら考えてみたいと思います。

続きを読む